〒207-0023 東京都東大和市上北台1-2-14 
上北台メディカルビル5F
042-566-1133

2003年に開業して以来、豊富な臨床経験と技術で
地域に密着した医療を行っております。

第1,3,5は土曜午後も診療 電子マネー使えます WEB予約

お知らせ

    • 2024.05.19

    【学校健診による午前休診のお知らせ】

    学校健診のため、5月28日(火曜日)の午前は休診となります。午後は通常通りの診療です。

    ご迷惑をおかけします。

    • 2023.01.10

    花粉症の方へ

    花粉症の方で、以前、当院を受診され同じお薬をご希望の方は受付でお申し出ください(診察予約は不要です)

    • 2021.12.01

    B-スポット療法を行なっています。

    いつも鼻水が喉に回って張り付いている、喉がイガイガして痰が絡んでいる、喉の痛みを繰り返している、他にも喉の違和感や、慢性の咳、頭痛や耳の痛み、歯全体の痛み、舌痛、慢性の疲労や倦怠感、耳の塞がった感じ、フワフワしためまい感などはっきりした原因がわからずにこれらの症状が続くときは慢性上咽頭炎が疑われます。
    内視鏡で診察をすると、鼻の突き当たり(上咽頭)に炎症が認めることがあります。
    B-スポット療法はこの部分に塩化亜鉛溶液を塗布する治療です。
    ここの炎症を取ることによってこれらの症状が改善される方が多くいらっしゃいます。
    扁桃腺に関連する疾患のIgA腎症や掌蹠嚢胞性の治療に用いられており、最近では新型コロナウィルス感染症後遺症の嗅覚障害、味覚障害、倦怠感や咳の治療にも効果があると言われています。
    この治療法にご興味のある方はスタッフもしくは院長にお尋ねください。

    • 2020.10.01
    • お知らせ

    WEB問診票

    令和2年10月よりウェブ問診票開設いたしました。
    受診前に記入して送信していただくと受付時間の短縮につながります。
    問診票の送信だけでは診察の予約ができていませんので、必ず当日診察予約をお願いします。

    • 2023.05.08
    • お知らせ

    新型コロナウイルスの対策について

    【新型コロナウィルス感染防止への取組み】 

    令和5年5月8日から新型コロナウイルス感染症は感染症の分類第5類に移行しましたが、依然として一定数の患者さんがいらっしゃいます。

    症状はずいぶん軽くなりましたが、今だに嗅覚障害、味覚障害や倦怠感、めまいなどの後遺症が続く方がおり、普通の風邪とはまだ言い難い状態で注意が必要です。

    来院時にはマスクの着用をお願いしております。
    院長と看護職員は診察にあたって、マスクと手袋、またフェイスシールドを使用しておりますのでご了承下さい。

    常時、入口とすべての窓を開放して充分な換気をしております。

    診察室のドアも開放しており、プライバシー保護のためBGMの音量を多少大きくしております。
    ご不便をおかけしますがご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

当院の特徴

01多摩モノレール上北台駅西口エスカレーター目の前の立地にございます

02駐車場も完備しています

03豊富な臨床経験と技術で病気を早期に診断して治療します

04必要に応じて専門性の高い病院へのご紹介もしています

05初めての方でも予約ができます

06感染予防の観点からキャッシュレス決済を導入しています

ご挨拶

 院長 一川 聡夫

耳、鼻、喉という普段は直接、目にすることが難しい部位の病気は、説明を受けてもなかなか判らない事もあるものと思います。当院では、内視鏡のモニターを正面および左右の3面に設置して、どちらを向いても常に患者さんに所見を見て頂いて、皆様の期待に応えられるような診療をおこなってまいります。更に、電子カルテと画像ファイリングシステムによって、受診して頂いた患者さんの病歴と臨床所見は長期間大切に保管し、のちにいつ受診されても今までの経過と照らし合わせて、御納得のいける治療を目指しております。皆様のご健康に少しでも貢献できれば幸いに存じます。

上北台耳鼻咽喉科 院長 一川 聡夫